2005年10月24日

7時限目「マジックの演じ方」その1

〜マジシャンも観客も知恵比べではないことを知る〜
最近のテレビでは、「あなたは見破れるか!?」などと、マジックのタネを見破ることに主眼を置いた番組が数多く放送されています。(最近は減ってきましたが、それでも相当ありますねえ・・・どっちやねん!?)

マジックの本当の楽しみというのは、「騙し騙される」「ネタを暴く」などというそんな次元の低いものではないはずです。
「不思議の世界を歩く」、「錯覚を楽しむ」というのが「大人の楽しみ方」ですね。

マジックキャッスルでのマジック映像などをごらんになると分かると思いますが、観客は大声を上げて驚き、笑い、思いっきり楽しんでいますよね。
あの姿こそ、マジックの楽しみ方でしょう。

どうも日本人(外国でもそうらしいですが)は、タネが分からないと、
「ム〜、分からん」
とそっちにばっかり感想が出ます。
皆さんは「全然分からないわ」って言われた経験はありませんか?
殆どの観客は、このような言葉を発するのではないでしょうか。
私はいいます、
「分からなくていいんです。わかったらマジックではありませんから」
と。

マジックを演じるマジシャンが偉く、分からない観客がバカ、というとんでも無い考えをしているマジシャンがいますが、そんな人は即刻マジックを辞めてもらいたいものです。

観客は
「不思議の世界への旅人」
であり、マジシャンは
「水先案内人」
(昔、山口百恵さんの曲で「夢先案内人」というのがありましたね。=古いなあ・・・)となるわけで、両者が揃わなければ、マジックは成立しないのです。

教訓:「マジックは知恵比べではありません♪」
posted by MOTO at 21:35| 滋賀 ☀| Comment(0) | ビギナー講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月18日

課外講座「踏み出そう」

昨日、《BICMAC》への入会申し込みがありました。
何でもそうですが、
「一歩踏み込むこと」
は自分にとって、間違いなく進歩につながります。
誰かと出会う、サークルに入るというのは、不安が大きいのは事実です。
でもそれによって得られるものは、不安の比ではありません。
皆さん、どうか「迷っている一歩」を踏み出してください。
必ず新しい道が拓けることでしょう。
posted by MOTO at 14:44| 滋賀 ☁| Comment(0) | ビギナー講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月07日

6時限目「できること」と「演じること」

マジックをみせることは簡単なことです、ネタを勉強して、その通りやったらいいのですから。
「やってみせること」は誰にでもできますが、「演じること」は一朝一夕にはできません。「演出」ができなければ、芸としてのマジックは存在しない、といっても決して過言ではないからです。

「楽しくなけりゃマジックじゃない」

これが基本です。

現象だけを見せても、観客は楽しくもありません。喜ぶのはマニアだけです。(笑)
別の時限で書きますが、クロースアップマジックの場合、おしゃべりが大きな要素となります。
観客の肩の力をほぐしながら、マジシャンの一挙手一投足が「今、何をしているのか」を理解させなければなりません。
そのためには、計算に基づいた、演出を構成する必要があるのです。

教訓:「楽しくなけりゃマジックじゃない」
posted by MOTO at 21:38| 滋賀 ☁| Comment(4) | ビギナー講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月03日

5時限目 「売りネタについて」

ディーラーで用品を購入すると、

「えっ!?こんなネタだったのか・・・」

と落胆することがあります。(その確率は、結構高い・・・)

そこで考えましょう、「価格はネタ代、アイディア代だ」と。

テレビ等で見たネタを購入したのであれば、「あの感動」を思い起こし、活用できるよう
に何とかしましょう。
そうしなければ、勿体ないです。

小川心平師は、
「用品を買ったら説明書は捨てて、自分はどのように使うか、を考えよう」
とおっしゃっています。
説明書を捨てる、は大げさにしても、創造力は重要です。
新しいモノに作り替えられれば、自分の財産になります。

でも、どうしようもなかったら・・・・・ただただ反省しましょう!(これは、用品購入
症候群の改善、克服につながりますよ♪)

宿題(教訓かな):売りネタで落胆するな、アイディア代と思え♪
posted by MOTO at 07:13| 滋賀 ☁| Comment(2) | ビギナー講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月19日

4時限目「健康診断」

ここでは、殆どのマジシャンが陥る「用品購入症候群」(!)について紹介します。

◆ネタを求めて「ディーラー」のカタログを集めたり、ネットでディーラーサイトを
サーフィンしている。

◇この辺りは、初期症状、T型です。(笑)

◆テレビで新しいネタを見ると、それを売っているディーラーやネットオークション
を探す、かなり一所懸命に。

◇この辺りでU型ですね。

◆ネタが気になって仕方がなく、夜も眠れない。

◇V型突入!

◆気が付くと、ネットでの購入手続を済ませている。

◇もうすぐ末期、W型です。

◆商品が届いたが、自分が注文したことを覚えていない。

◇ダメだこりゃ、末期X型です。

冗談はさておき、マジシャンは「使わなくなったグッズ」をかなり持っている
はずです。(中にはどうやって使うか、分からないものも・・・)

マジックを始めると、
「花を出したい」
「ハトを出してみたい」
「もっと、華やかなものを・・・・」
と、意欲が急上昇します。

ここで、考えましょう、「どのジャンルをやりたいのか」を。
演じる場所によって、
・ステージ
・サロン
・クロースアップ(テーブルマジックともいいますが・・)
に分かれますし、使う用具によっては、
・カード
・コイン
・シルク
・ロープ
等に分かれます。

マジック用品は、総じて高価です。
「ええ!こんなに高いのか!?」
と思うことは多々あります。

むやみに手に入れても、お蔵入りするものが必ず出て来ます。
「欲しいな」と思っても、「自分が本当に活用できるか」をもう一度考えて、
クリックするか、決めてください。
(どちらかというと、自分に言い聞かせているのかも・・・汗)

宿題:自分がやりたいマジックを知ろう♪
posted by MOTO at 21:41| 滋賀 ☀| Comment(0) | ビギナー講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月18日

3時限目「マジックをするにはどうしたらいいの?」

マジックのネタを仕入れる方法はたくさんあります。

手っ取り早いのが、「商品購入」です。
日本には、テンヨー、トリックス、DPグループ等の製造販売会社や、ミスターマジシャン、UGM、謎屋、G`sファクトリー等々、ディーラーと呼ばれる、マジシャンが経営するお店が無数にあります。
ここから、商品を購入すれば、モノによってはすぐにマジックをすることはできます。

次に「書籍」があります。
専門書となるため、結構高価ですが、内容は親切で、非常にわかりやすい内容となっています。国内では、東京堂出版という会社から、数多くの専門書が出版されています。
そのほかに、DVDやレクチャービデオ、レクチャーノートなど、マジックを解説したものが数多く売り出されています。

次に「サークル」があります。
全国には、数百のサークルがあると思われます。(学校、職域、地域など)
また、プロが主宰するカルチャースクールもあります。
有料もあれば、無料もあります。
ここで、仲間を作り、自分の技術への批評をしてもらったり、新しいネタを教えてもらったりすることができるでしょう。

ただ大事なことは、「他力本願ではマジックはできない」ということです。
例えば、「デック」、「パケット」、「パーム」などという用語からネタまで、手取り足取り教えてもらおう、というのは虫がよすぎますし、そこまで教えることは困難です。
ある程度、自分で勉強しないと身になりません。
基本的に、「やってみて、いまいち、しっくり来ない」という状況であれば、教える方も教えやすいでしょう。

宿題:何事も自分から勉強しよう♪
posted by MOTO at 19:20| 滋賀 ☀| Comment(2) | ビギナー講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月12日

2時限目「なぜマジックをするの?」

なぜマジックをするのでしょう。

「格好いいから・・・」
「クラス(会社)の人気者になりたいから・・・」
「スナック芸として・・・」
「子どもに見せたいから・・・」
「持てたいから・・・・・」
「マジックのタネが分からず、悔しいから・・・」
「友達を見返してやろうと思って・・・」

等々、理由があると思います。
自分がなぜマジックにハマったか、を考えてみましょう。

それをさらにグレードアップしましょう。

方法は、さらなるテクニックの追及であったり、用品の購入であったり、サークルへの
加入であったり、いろいろあります。
そうすることで、マジックの奥深さを知ることになります。

ここで挫折をしてはいけません。
例えば、「パス」。
「ええ〜、こんなことできんわ!」
と投げ出したらそこまでです。
できないことは、さておき、次のテクニックにいきましょう。

がんばる必要はありません、楽しみながらマジックのアリ地獄に、みんなでハマって
いきましょう♪

宿題:「なぜマジックにハマったか」をもう一度考えましょう。
そして、グレードアップしましょう♪


posted by MOTO at 22:30| 滋賀 ☀| Comment(2) | ビギナー講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月08日

1時限目「マジックとは?」

「マジック」とはなんぞや?

広辞苑によれば「マジック=@魔法。魔術。また、魔力 A手品。奇術」とあり、「手品」は「B雑芸の一。種々のしかけで人の目をくらまし、不思議なことをして見せるもの。てづま。奇術。(以下略)」とあります。
 ここからすると、手品=マジックは
・芸であること
・種々のしかけを用いて(技法やギミック)
・人の目をくらまし(ミスディレクション)
・不思議なことをして見せること
であることが分かります。
つまり、
あり得ないことをいろいろなしかけや技法によって表現する芸である
ということができます。

ここまでは定義ですが、それでは「あなたにとってマジックとは?」なんでしょう。

え!「私にとって」ですか?
私にとっては、
「いつもの自分とは全く違う、イキイキ(?)している私を知ってもらうための最終兵器」
かなぁ・・・。(汗)

宿題:「あなたにとって『マジック』とは?」を考えて見ましょう♪
posted by MOTO at 06:38| 滋賀 ☀| Comment(2) | ビギナー講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月07日

ホームルーム

横着にも「ビギナー講座」などと銘打ったカテゴリーを追加しました。(汗)
「マジックとは」から始まり、総論を中心に書いていきたいと思います。
自分のマジックライフを見直すカテゴリーでもありますので、ご容赦下さいね。
posted by MOTO at 18:04| 滋賀 ☁| Comment(0) | ビギナー講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする