2005年08月17日

マジックの心理トリック

「推理作家による謎解き学」と副題のついた本書は、残念ながらレクチャーはありません。
愛好家で作家の吉村達也氏が、クロースアップマジックブームやマジックのあり方を始め、マジック界の箴言「サーストンの三原則」、マジックの魅力について切り込んだ書籍です。

目から鱗もあるのでは!?

角川書店
2005年7月10日初版発行
ISBN4-04-710003-XC0295
724円(税別)
posted by MOTO at 21:04| 滋賀 ☀| Comment(2) | おすすめBOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月07日

「しあわせの書 〜迷探偵ヨギガンジーの心霊術〜」

新潮文庫 泡坂妻夫著

著者は「陰桔梗」で直木賞を受賞した作家であり、マジシャン、紋章上絵師の泡坂妻夫氏。

新興宗教団体のお家騒動に巻き込まれたヨギガンジー一行。危うく命を奪われそうになるが・・・。

この本は小説を楽しむのみならず、大きな策略が隠されている。
マジックの“用具”として使用でき、400円は破格である。
posted by MOTO at 21:13| 滋賀 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | おすすめBOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする